2013年04月11日

たぶん3台目

マークローザ、エスケープR2に続き、我が家に3台目の自転車が!!
DVC00532.jpg

DAHONのDash P8です。
20インチの折り畳み小径車

アパートの階段をエスケープ持って他の部屋のドアにぶつけないようにしながら慎重に上げ下ろしするのに心が疲れて、往復15Kmくらいならマークローザに乗る頻度が増えておりました。
30Km以上乗るなら頑張ってエスケープ出そうかな、という感じ。
マークローザもよく転がる子で、そこそこ運動にもなるし、買い物もできるのですが、もっと自転車を楽しみたい!気軽に!!
ということで折り畳み小径車に興味が沸いていました。

階段の上げ下ろしのための折り畳み機能なのでそんなに小さくならなくてもいいから、そこそこ走行性能の高いもの…
ポジションを色々と調整したいので、ステムやシートポストの交換ができるもの…
ディレイラーとかクランクとか改造できる要素が多いもの…
体重制限が余裕あるもの…

そんな感じで行き着いたのがDAHONのDashシリーズでした。
ちょうど2012年モデルのDash P18がお買い得な価格になってる時期で心惹かれたのですが、発表された2013年モデルのDash P8の赤色がまあ何ともいい感じの色だこと。
かなり好みのデザインと色だったので、これを買うかどうか1年くらい悩もう…と思っておりました。
しかし1月末の時点で赤色がメーカー在庫完売したとかいう情報が。バカな、2013年に入ったばかりなのに。
買った人の話とかブログやツイッターでも見かけなかったので油断してました。
ちょっと近場のお店を探してみて、どうやらホントに完売っぽいということで、意を決して購入に踏み切ったのでした。

俺、このDash P8に乗りまくって体力つけて健康になって痩せるんだ…

部屋の自転車がこんな状態に。
DVC00531.jpg
posted by 鶴田文学 at 02:48| 自転車

2011年07月23日

初めてのパンク修理

昨日、自転車乗ろうと思っって空気を入れて1分後、リアタイヤからプシュー音とともに空気が抜けました。初パンク。 スローパンクではなかったので、バルブあたりが怪しいと思ってたのですが、今日チューブ交換してみて、やはりバルブ根元の亀裂が原因でした。 escapeのホイールはセミディープリムになっているため、標準のチューブのバルブがやたら長い(バルブ長48mm)のですが、ここが折れるという話は目にしておりました。 以前に買っておいた予備チューブは"ミシュラン AIR STOP A2 仏式(40mm)700×25/32C” バルブ長48mmが長いと感じていたので、ちょっと短めのバルブ長40mmのこのチューブにしました。 しかしこのチューブは、バルブ根元のホイールにもぐらないようにするためのナットがついていないタイプで、押すとホイールのバルブ穴に埋まり、空気入れが結構めんどくさいものでした。 ある程度空気が入っていれば、何とか頑張れそうな感じ。何とか頑張ったし。 まあたぶん、フロントのチューブもそのうち劣化すると思うので、そこ交換して、そうしてるうちに新しいホイールと23cくらいのタイヤとチューブを買うと思います。 シマノのRS20かRS10あたりを中古で1万くらいで買えないかと狙っております。 次の関戸橋フリマまで我慢すれば、ちょうどいい掘り出し物あるかしら。
posted by 鶴田文学 at 10:42| 自転車

2010年04月25日

自転車考5

自転車の話。

ちょうど1年前に買ったマークローザーですが、自転車屋さんでステンレスの丈夫なリアキャリアを手曲げしてつけてもらい、荷台カゴを設置しました。
取り外し可能な荷台カゴです。でも取り外したこと無いです。
難点は、ホリゾンタルフレームなので(フレームのトップチューブが水平になってる)、足を振り上げてサドルに跨らなければなりません。
ママチャリ用途としては中途半端だし、スタッガードのほうが良かったかなーと思わなくもありません。

ポジションは、スポーティー。
サドルも固めですが、慣れました。
ママチャリよりはスイスイ進むと思いますが、往復10kmで疲れます。
「パパチャリ」という呼び名がピッタリ。
普段は3〜4Km圏内を移動するのに使い、荷物も載せる。たまにママの買い物にもつきあいます。って用途にピッタリかと思います。
チャイルドシートを載せる可能性があるのでしたら、スタッガードのほうが良いでしょう。
跨るときに蹴りが入ります。荷台カゴを何度も蹴っておりますよ。


そんなある日、近所の知人がGIANT(ジャイアント)のESCAPE(エスケープ)R2を購入しました。
300m先のコンビニまで歩くと筋肉痛を起こす、と言われていたその知人が、やすやすと往復20kmをエスケープで行き来することができると。
まっさーかー、なんて思いましたが、試しに乗らせてもらうと、その軽さに愕然としました。
1万円ママチャリからマークローザーに乗り換え、スムーズな漕ぎ心地を感じていたのですが、それとはまた違う軽さでした。
うちのマークローザーは荷台なども含めて20kg近い重さになっていますので、10kgちょっとのエスケープはまた違う乗り物と感じてしまうのもおかしくないのかもしれません。
衝撃的でした。

2ヵ月後。
何故かおうちにエスケープが。
試しにポジション確認するために乗ってみたら、往復25kmほど走ってました。
特に疲れとか痛みはありません。
写真が無いのは、お部屋の中に保管しているため、いい写真が撮れないからでございます。
あと、携帯のUSB接続ケーブルが行方不明。

選んだのはESCAPE R2 ブラウン。
二種しか色の選択肢が無いR2で、知人がグリーンだったので。
R3.1も惹かれたのですが、トリガーシフトでもSRAMのトリガーシフトはギアを上げるのも下げるのも親指だけの操作になります。2つレバーがあって、どちらも親指で押す配置です。
この操作感よりは、R2の、人差し指と親指を使うレバーのほうが感覚に合っていたのでR2を選びました。
あとは、3段階に広げることのできるサドルでしょうか。お尻痛いの怖いし。
カーボンフォークはクロモリでもどっちでもよかったです。どっちがいいか、なんてまだ知らないので。

他には、ブリヂストンのordina(オルディナ)のS5、S7。
アンカーのフラットバーロード。
TREKのFX7.3。
スペシャライズドのシラスや、FUJIのアブソリュートなどで悩みはしました。
しかし、予算とコストパフォーマンスを第一に考えてしまう性分なので、2010年モデルのR2に落ち着いてしまいました。
オルディナもシマノのトリガーシフト搭載でなかなかよかったのですが、現在マークローザーに乗っているため、あまり大きな感動の差が感じられないんじゃないかと思いました。
「シティーサイクル」--「マークローザ」---「オルディナ」---「エスケープ」
みたいな感じで。
あと、WEBサイトが重過ぎて見辛いのもマイナスですよね。

フロントサスペンションは、5万クラスのクロスバイクに付いているものは重いだけで結局は固定しちゃう、という感想を多く目にし、あまり選択肢に入っておりませんでした。
自分の行動範囲が街乗りだけですし、歩道の段差程度ならエスケープの28mmでも全く問題ありません。
体重90kgくらいでも、空気圧さえキチンと管理しておけば全然気にしなくて良いでしょう。
段差を乗り上げる際、サドルから腰を浮かすのはやってますが…。リム打ち怖いから。
道路の凸凹の振動を拾いやすくはあります。
しかし舗装された道路なら、グローブとグリップで吸収できる範囲ではないかしら。
でもうちの手のひら分厚いから、あまり参考にならないかな…。


色々考えてのマークローザー購入から1年。
結局エスケープ買っちゃいましたが、自分が感じたことは「ママチャリは重要」。
普段の買い物、駐輪する必要のある用事などにはママチャリは欠かせません。
基本に忠実で、頑丈で、機能満載で、雨天でも乗れて、荷物がたくさん積み込めるママチャリは1台必要でしょう。
そこにプラスする形で、スポーツ自転車の2台体制がベストだと思います。現時点で。

マークローザも、ブリヂストンの他のママチャリと同じくらいの価格で、スポーツ自転車と似たような乗車ポジションなので、そんなに悪くは無いです。動きもスムーズです。
ただ、中途半端だったかな〜、という思いは…ちょっとある。
もうちょっと利便性を重視したママチャリが良かったかな・・・、特にトップチューブ、なんて。
でもまあ、気に入って買ったものですし、思い入れはあるので、キレイにして乗っておりますよ。
思い入れのある自転車のほうが、大事にするし、手入れもするでしょうから、安全面から見てもいいのではないかと思います。


次回、エスケープのその後。

注意※スポーツ自転車は、本体以外に1〜2万、備品に予算がかかります。
スタンド、空気入れ、ライト、その他もろもろ・・・。
でも、最低でも本体5万は用意しましょう。
しかし、気づいたら往復20km行けちゃった…、て思うくらいの新しい感覚はあるかも。
posted by 鶴田文学 at 04:44| 自転車

2009年06月07日

自転車考4

全体左前から全体右前から
全体右後ろから
マークローザ買ったよ。

ずいぶん前に注文してたんですが、やっと入荷したとのことで取りに行きました。
ブリヂストンのマークローザ・ホリゾンタル。緑。

全体上横から
サドルとグリップをスタッガード用の茶色にできないか相談したところ(本来は黒)、楽勝ってことだったので頼みました。
サークロックカゴ正面サドル横から
基本ママチャリなので、平たいカゴとサークル錠ももちろん注文。
サドルの盗難が怖いので、サドルのクランプを六角レンチのものに変更。500円くらいでできます。
後輪上部
後ろカゴもつけたかったので、丈夫なリアキャリアもお願いしたのですが(純正はカゴ・チャイルドシート不可って書いてる)、どうも形状上適当なものが見つからないらしく、メーカーに問い合わせ中とのこと。
両立スタンドはのちのち必要になったら付けたいと思います。

カゴ上から正面上から
カゴは何か小さかった。
とりあえず100均のネットをつけておくことにしました。
早くリアキャリアと後ろカゴ欲しい。

サドル・ハンドル高さ
乗り心地は、何か前かがみ。前傾姿勢。
手首がちょっと痛いんで、サドルとハンドル調整してみたところ、なかなか良くなりました。

外装ギアFスプロケ後ろから外装ギア前から
外装ギア初めてなのでまだ怖いんですが、走りはとてもスムーズです。
軽トラから乗用車に乗り換えたようなスーっと走る感。
ちょっとした坂道も楽になりました。
ママチャリほどだらだら走れないけど、数Kmくらいなら余裕な軽さです。
スピードがでない、という感想を目にしますが、たしかに6段まで上げるのは難しくありません。
でも、街中で走る分にはそんなにスピード乗ることないし特に問題ないかな、という感じです。

ハブダイナモLEDライト裏
ハブダイナモのLEDライトがすばらしい。
暗くなったら勝手についてくれるんですが、抵抗が全くありません。
なんて便利な発明なんだ。
LEDライトの裏には、自動点灯のオンオフスイッチがついてます。

サドル上からサドルアップ
思ったよりサドルが硬いので、ちょっと尻が痛い。
よく乗って慣らす必要がありそう。こなれてやわらかくなるのかな。
後ろのスプリングっぽいものはただのカバーでした。

前半分
ハンドル回転ロック機構が欲しかった。
駐輪するときあれあると、とても便利そう。

ペダルアップ
ペダルはプラスチック?製

前輪タイヤアップFドロヨケアップ
タイヤ。ドロヨケ。

グリップ変速全体グリップ変速アップ
グリップ変速はだんだん慣れてきました。
上げるのはサクっと、下げるのはちょっとグニっと。

正面後ろから
盗難されるのが恐ろしいんですが、もっと高価な自転車が町中にあるんで、そんな心配することも無いのかな。
通学自転車とか子供乗せ自転車とか電気自転車とか、メーカーものならどれでもうちの自転車より高いだろうし。でもカギは2個かけとこう。
posted by 鶴田文学 at 03:38| 自転車

2009年05月28日

自転車考3

ボクの考える理想の自転車

・外装6段以上〜14段くらいベスト〜21段くらい
 もしくは内装8段
・見た目はクロスバイク風
・フロントサスいらない
・リアキャリア&後カゴつけたい
・泥除け必須
・ハブダイナモライト欲しい
・できればトリガーシフト
・歩道の乗り降り多いしタイヤは太め、28cは細すぎ
・用途:日常の主婦的買い物、たまに街乗りブラブラ
・丈夫で安心で3〜4万

ママチャリ買えよ、って感じです。
でも、もしかしたらこれがキッカケで自転車の趣味が目覚めるかもしれない…っ。
ちょっと当てもなく街を滑走してみたいかもしれない。青春に向かって。
でも雨に濡れたら面倒だし、メンテ面倒くさくなっちゃうかもしれないし、駅前のスポーク折れそうな駐輪スタンドに止めなきゃならないし。

そんなことを思いつつ、ブリヂストンのマークローザか、GIANTのCROSS3あたりかなーと目星がついてきました。
ママチャリならマークローザ、今後目覚めそうならCROSS3…。

あんまり決着つきそうにないので、アオバ自転車店の後書きでおなじみのCWSの店員さんに聞いてみました。
文「日常の買い物用途とか2時間程度の街乗りではどっちがいいですか?」
店「街乗り程度なら6段ギアあれば充分ですよ。それにモチはモチ屋。ブリジストンの方が丈夫。でも後ろカゴつけるならホリゾンタルは乗り降りの足が大変よ」
だそうです。
気になってたマークローザの塗装や溶接跡なども見てきましたが特に気にならなかったし、あとは色をどうするかとかでしょうか。
今度時間できたら試乗させてもらえないか行ってみたい。

モチはモチ屋ってのは、ママチャリなら日本のメーカーってことだと補完。

ためしに今乗ってるママチャリのサドルを、両足のつま先がギリギリ着くくらいの高さまで上げてみました。5〜6cmくらい。
すっげー漕ぎ軽い。
ペダルが下までいったとき足が伸びきるくらいの感じですが、坂道とか楽になりました。
でもハンドルとのポジションが狭すぎる。停車時にサドルの前にお尻をずらす体勢が取れない。
ママチャリはゆっくり乗るのに特化してそうなので、サドル低くしておくほうがいいのかな…?

あ、あとネット見てて思ったのが、エスケープR3勧めすぎ感。
泥除けないし、タイヤ細いし、仏式バルブだし、街乗り買い物程度でそこまで本格的なものはいらないんじゃないかなーってときにもR3勧めすぎな気がしたよ!……気のせいか
posted by 鶴田文学 at 00:09| 自転車

2009年05月24日

自転車考2

自転車のことを知れば知るほど、これはまた面白い世界だなと思うようになりました。
そして、現在の自転車社会の問題なども。

「自転車なんて1万くらいのでいいだろう」という考えで、たくさんの格安自転車が溢れております。俺もそう思うし。しかし、それはもはや使い捨て感覚。
空気くらいは入れるけど、乗ったら乗りっぱですもんね。チェーン錆てるし。
盗まれたら出てこないだろうから、鍵はかけててもいつ盗まれても惜しくないくらいの気持ちでいるし、狭い駐輪場でガツガツぶつけられてもいいし、屋根の無い駐輪場で雨ざらしでも問題無し。
もはや愛など無い。

そんな人間が自転車乗り換えても、果たしてちゃんと整備できるのか、大事に扱えるのかがはなはだ疑問です。
いやー、ムリだろうなあ、という感じになってまいりました。
とりあえず今の自転車を整備してみようか、とも思い立ちましたが、チェーン交換とか費用を見積もると、確実に本体購入価格を超える…っ!!そりゃ整備されずに捨てられていくなあ格安ママチャリ。
新しいのを買うのをきっかけに、自転車趣味というのに足を突っ込んでみたいかも…
いやしかし、買い物とか行くし駅前にとめたりもするし雨ざらしになることもあるわけで、今のママチャリの用途ではなかなか大事に扱えない状況が多いです。
他の人はどうやってんだ…?と疑問なところです。
でもよくよく駐輪場を見てみると、3〜4万の自転車なんて結構ゴロゴロしてました。
クロスバイクとかスポーツ系のものは少ないですが、ママチャリの高いものから電動自転車などなど、かなり高額なものが雑多に扱われているようです。
子供とか中〜高生が結構いいもの乗ってる。あとお母さん達。
自転車に3万て、むしろ普通くらいな感覚のようでした。平均5万くらいな気がする。
じゃあ、あの格安自転車はいったい何なんだ…

整備あんまりしなくてもいいものとして、内装変速機が心惹かれました。
3速の内装変速はかなり溢れてますが、今は8速というものがあるんですね。
さすがにこれは単体でも2万近くするパーツのようで、これが搭載された自転車は5万以上してしまいます。
そんな高価なパーツを1万の車体につけるわけも無く、他のパーツもそれなりにするとそのくらいの価格になってしまうのですね。
あと、チェーンでは無く、ベルトドライブのもの。
注油が不要で、錆の心配もありません。最近はスクーターにも多いみたい。アドレスもだし。

ライトもすごいです。LEDのハブダイナモ。
これは前輪のハブの中に発電機が仕組まれていて、ほとんど抵抗を感じる事も無くライトをつけることができるそうです。電池交換なども不要。
ライトつけると重くなる…というのが無くなるのは素晴らしい…っ!!
エアハブといってハブにポンプが仕組まれていて、走行する事によって常にタイヤに空気を入れつづけることができるものもあるらしいんですけど、それはまあいいかなって感じ。すごいけど。

パナソニックのガチャリンコもすごい。これは盗難防止用。
サドルとセンタースタンドが連動しており、サドルを倒すとセンタースタンドもロック。これが頑丈で盗難されにくさNo.1だそうです。盗難保障3年もつけてくれるくらい自信あり。
でもやっぱちと高い。

希望をかなえると、ブリヂストンのプレスティーノ内装8段ベルトドライブ点灯虫なんだろうけど、やっぱり高いなあ。
マリポーサ・オムとかカルバとかもやっぱり高い。
外装6段にしてサブナードスポーツとか。…サドル硬いらしい。
マークローザ、心惹かれる…

一時はクロスバイクに惹かれていましたが、ママチャリもすげーなあと見直していたところで、並木通りアオバ自転車店を読んだらとても面白かった。
以前パラ見したときはそんなでもなかったけど、自転車に興味をもってちょろっとメーカーとか種類とか分かってから読むとひと味違いました。
スポーツ自転車大好きな旦那が、あまり自転車に興味の無い妻と一緒にサイクリングしたがる話…、うちはあの妻の気分なのであの辺ももっと突っ込んで欲しい感じです。自転車は毎日の買い物でたくさんの荷物を運べて楽で便利なものが良いなあ。

しかし、この格安ママチャリというのは何だろう…
一体どういう仕組みでこんなに安くできているのか。
売値が1万という事は、材料費は5千円くらい?
内装3段変速機が…いくらだろう?タイヤとチューブだけでも2千円くらいしそうだけど。
考えると怖くなってきた。
posted by 鶴田文学 at 23:00| 自転車

2009年05月23日

自転車考1

先日は古本屋にジャンプを買いに行くのに自転車で行く事にしました。
引っ越す前は2Kmくらいで買いに行けたのですが、今度は3Kmちょいあります。
ちょっとした遠乗りです。(注※安ママチャリには2Kmを超えると遠い換算)
まあ、以前はその2Kmもスクーターで行ってましたが。

引越し後は中央線が近くなったので、距離感を測っておきたいというのもありました。
バイクだと駐輪場がなかなか無いし、吉祥寺くらいなら自転車でいけないものかと画策していたのです。
結果的には、そんなに遠くない感じです。行けそう。
でも古本ジャンプは売り切れていたので、この徒労感に打ち勝てないボクは次はスクーターだと思う。
先々週も買い逃したので、読み飛ばしてるんですよね。
こう入手タイミングがずれてくると、なんだかもう読まなくてもいい気がしてくるから不思議。

せっかくなのでもうちょい走って三鷹まで行く事にしました。
往復10Kmの旅。
こんなに走るのはひさびさな気がします。
バイクがあるので、自転車とはそんなに走るものではなかったのです。

うちの自転車は、3年位前に5000円で買った中古のママチャリです。
よく分からない英単語が車体に書いてあるのでググってみましたが、全くHitしない代物。
空気だけは入れてるけど、他は全く整備してないのでチェーンもサビサビ、ライトもガキガキ音が鳴ってつきません。これは代替品の携帯ライトつけてますけど。
3段変速ですが、きっと新品でも1万円ちょいの安ママチャリだろうなって感じです。

1万円で買える自転車はダメだ・・・っ
東京で3台の安自転車を乗り継いできて、そんな思いをひしひしと感じているところではあります。
次に買うなら倍の2万…いや、3万くらいの自転車じゃなきゃダメじゃないだろうか、と思うのです。
聞くところによると、いい自転車を買うと漕ぐのが楽になって何キロも何十キロも走れるらしい…。
ママチャリにしか乗ったことのない自分には、想像の出来ない感覚です。
しかし、なんかすごい自転車だと、10万とか100万とかするらしいし、なんかもうそれバイクとか車買えるじゃん?レベル。自転車なのに!?

・自転車=徒歩圏内〜5Km
・スクーター=自転車圏内〜15Km
・バイク=5Km〜どこまでも
・車=動く部屋

という感じの分類がされていた頭では、10〜20Kmを自転車で走れるのかまだ疑惑をいだくところではあるのですが、ママチャリよりも軽く楽ならいけそうな気がする。
でもさすがにそれ以上を走る気はあまり無し。
ママチャリの楽さも捨てがたいので、カゴと荷台は欲しいし、駐輪場とかでガツンガツンぶつけられたりしても惜しくなく、盗まれにくいものがいい。
価格は3万以内。

そんな感じで検討してみたところ、クロスバイクのママチャリ寄りがいいんじゃないか、というところにきています。
予算的にあさひサイクルのオリジナル自転車くらいしか選択肢がありませんでしたが。

・あさひプレシジョントレッキング…2万ちょい。でもフレームがスチール。7速。
・あさひシェボートレッキング…3万弱。フレームアルミ、21速。でも後輪がナット締め。変速機が回転式。
・あさひプレシジョンスポーツ…3万超え。タイヤが細くてパンク怖い。そこまで本格的じゃなくていい。
・GIANT CROSS3…高い。前モデルの3000があれば良かったのに…っ。盗難怖い。

ああ、ここにきてやっぱり優柔不断が顔を出すのです。
せっかくだから…、将来性を考えたら…、でもそんな要らんよなあ高いし…
高いの買っても、気軽に駐輪できなくなっちゃうしね。心配性なの。
ママチャリもいいの買うと3万とかするよね。何が違うんだろう…
posted by 鶴田文学 at 16:46| 自転車