2009年06月13日

コミックメガストア8月号

6月17日発売のコミックメガストア8月号に22P漫画掲載です。
映画館で。

実は、実家のほうには映画館がほとんど無くて、映画館に映画見に行ったことが3〜4回くらいしかありません。2000円は高いよね。
DVD借りてきて、ペプシとポテチ準備して、ヘッドホンつけて観るのがパターンです。
でもうちのテレビ、コントラストが悪くて、暗いところがほとんど真っ黒につぶれちゃうのが難。
エースコンバットの夜ステージは、空と海が区別つかずドボーン。
今は、暗闇のゾンビに上手く照準が合わせられません。
posted by 鶴田文学 at 09:36| お仕事情報

2009年03月17日

コミックメガストア5月号

3月17日発売のコミックメガストア5月号に22P漫画掲載です。
銭湯ものです。
posted by 鶴田文学 at 01:00| お仕事情報

2008年12月25日

コミックシグマvol.28

12月27日発売のコミックシグマvol.28に20P漫画掲載です。
シグマでは初めてとなります。
よろしくお願いします。

兄妹モノです。
posted by 鶴田文学 at 00:26| お仕事情報

2008年10月14日

コミックメガストア12月号

10月17日発売のコミックメガストア12月号に24P漫画掲載です。
近親モノ好きです。
父と娘だけがあまり妄想働きませんが…、なんでだろ?

拍手コメントありがとうございます。
頑張ります。
posted by 鶴田文学 at 08:36| お仕事情報

2008年09月13日

コミックメガストア11月号

9月17日発売のコミックメガストア11月号に20P漫画掲載です。

今号よりコミックメガストアHから、コミックメガストアのほうに移動となりました。
どうぞよろしくお願いします。
posted by 鶴田文学 at 03:28| お仕事情報

2008年05月14日

コミックメガストアH・6・7月号(合併号)

5月2日発売のコミックメガストアH・6・7月号(合併号)に22P漫画掲載されております。
まままままままま。

花粉症はまだ続いてる気がしますが、気合いで気付かないフリをしています。
次は黒髪少女です。
posted by 鶴田文学 at 01:46| お仕事情報

2008年03月01日

コミックメガストアH・4月号

3月1日発売のコミックメガストアH・4月号に漫画20Pが掲載されます。
お姉ちゃん。

花粉症のため、引き篭もり生活が続きそうです。
posted by 鶴田文学 at 22:30| お仕事情報

2008年01月31日

コミックメガストアH・3月号

2月2日発売のコミックメガストアH・3月号に漫画20Pが掲載されます。
おっぱいぱい。

今年の2月は29日まであるぞー。わー
posted by 鶴田文学 at 21:47| お仕事情報

2007年12月28日

メガストアH・2月号

12月28日発売のコミックメガストアH・2月号に漫画20P掲載です。
ワン娘。

冬コミのほうはコピ本を製作中です。
エロ漫画16Pくらいの下描き本になるかと思います。
posted by 鶴田文学 at 17:13| お仕事情報

2007年11月23日

メガストアH・10月号

サイトのトップでは告知してたのですが、こちらには書いてなかったので今さらながらに告知を…

9月2日発売のコミックメガストアH・10月号に漫画22Pが掲載されました。

間が空いておりますが、原稿は描いておりますので、年内…もしくは新年には次の掲載があるかと思います。
どうぞよろしくお願いします。
posted by 鶴田文学 at 06:18| お仕事情報

2007年07月01日

メガストアH・8月号

7月2日発売のコミックメガストアH・8月号に漫画20Pが掲載されます。

夏コミ落ちたので、同人誌をどうしようか迷い中。
印刷代が無いけど、とりあえず貧乳描きたい欲を発散したいです。
女の子はすべからく美しい…
posted by 鶴田文学 at 12:19| お仕事情報

2007年04月30日

メガストアH・6月号

突然の雨と雷と、奇妙な局地的雷雨の天気図を見て、何だか言いようのしれない不安にかられつつ、編集部に行ってきました。

何だか青く印刷された漫画と、次回発売予定のメガストアHの表紙を見せていただきまして、

表紙に「鶴田文学」という名が。


5月2日発売のコミックメガストアH・6月号に漫画20Pが掲載される事になりました。
いえーい、初・雑誌デビューです。
母ちゃん、俺、立派なエロ漫画家になるよ!

まだじっくり見ていないので、献本が届いたら開いては閉じ開いては閉じ、身悶えしたいと思います。
posted by 鶴田文学 at 23:27| お仕事情報