2009年05月24日

自転車考2

自転車のことを知れば知るほど、これはまた面白い世界だなと思うようになりました。
そして、現在の自転車社会の問題なども。

「自転車なんて1万くらいのでいいだろう」という考えで、たくさんの格安自転車が溢れております。俺もそう思うし。しかし、それはもはや使い捨て感覚。
空気くらいは入れるけど、乗ったら乗りっぱですもんね。チェーン錆てるし。
盗まれたら出てこないだろうから、鍵はかけててもいつ盗まれても惜しくないくらいの気持ちでいるし、狭い駐輪場でガツガツぶつけられてもいいし、屋根の無い駐輪場で雨ざらしでも問題無し。
もはや愛など無い。

そんな人間が自転車乗り換えても、果たしてちゃんと整備できるのか、大事に扱えるのかがはなはだ疑問です。
いやー、ムリだろうなあ、という感じになってまいりました。
とりあえず今の自転車を整備してみようか、とも思い立ちましたが、チェーン交換とか費用を見積もると、確実に本体購入価格を超える…っ!!そりゃ整備されずに捨てられていくなあ格安ママチャリ。
新しいのを買うのをきっかけに、自転車趣味というのに足を突っ込んでみたいかも…
いやしかし、買い物とか行くし駅前にとめたりもするし雨ざらしになることもあるわけで、今のママチャリの用途ではなかなか大事に扱えない状況が多いです。
他の人はどうやってんだ…?と疑問なところです。
でもよくよく駐輪場を見てみると、3〜4万の自転車なんて結構ゴロゴロしてました。
クロスバイクとかスポーツ系のものは少ないですが、ママチャリの高いものから電動自転車などなど、かなり高額なものが雑多に扱われているようです。
子供とか中〜高生が結構いいもの乗ってる。あとお母さん達。
自転車に3万て、むしろ普通くらいな感覚のようでした。平均5万くらいな気がする。
じゃあ、あの格安自転車はいったい何なんだ…

整備あんまりしなくてもいいものとして、内装変速機が心惹かれました。
3速の内装変速はかなり溢れてますが、今は8速というものがあるんですね。
さすがにこれは単体でも2万近くするパーツのようで、これが搭載された自転車は5万以上してしまいます。
そんな高価なパーツを1万の車体につけるわけも無く、他のパーツもそれなりにするとそのくらいの価格になってしまうのですね。
あと、チェーンでは無く、ベルトドライブのもの。
注油が不要で、錆の心配もありません。最近はスクーターにも多いみたい。アドレスもだし。

ライトもすごいです。LEDのハブダイナモ。
これは前輪のハブの中に発電機が仕組まれていて、ほとんど抵抗を感じる事も無くライトをつけることができるそうです。電池交換なども不要。
ライトつけると重くなる…というのが無くなるのは素晴らしい…っ!!
エアハブといってハブにポンプが仕組まれていて、走行する事によって常にタイヤに空気を入れつづけることができるものもあるらしいんですけど、それはまあいいかなって感じ。すごいけど。

パナソニックのガチャリンコもすごい。これは盗難防止用。
サドルとセンタースタンドが連動しており、サドルを倒すとセンタースタンドもロック。これが頑丈で盗難されにくさNo.1だそうです。盗難保障3年もつけてくれるくらい自信あり。
でもやっぱちと高い。

希望をかなえると、ブリヂストンのプレスティーノ内装8段ベルトドライブ点灯虫なんだろうけど、やっぱり高いなあ。
マリポーサ・オムとかカルバとかもやっぱり高い。
外装6段にしてサブナードスポーツとか。…サドル硬いらしい。
マークローザ、心惹かれる…

一時はクロスバイクに惹かれていましたが、ママチャリもすげーなあと見直していたところで、並木通りアオバ自転車店を読んだらとても面白かった。
以前パラ見したときはそんなでもなかったけど、自転車に興味をもってちょろっとメーカーとか種類とか分かってから読むとひと味違いました。
スポーツ自転車大好きな旦那が、あまり自転車に興味の無い妻と一緒にサイクリングしたがる話…、うちはあの妻の気分なのであの辺ももっと突っ込んで欲しい感じです。自転車は毎日の買い物でたくさんの荷物を運べて楽で便利なものが良いなあ。

しかし、この格安ママチャリというのは何だろう…
一体どういう仕組みでこんなに安くできているのか。
売値が1万という事は、材料費は5千円くらい?
内装3段変速機が…いくらだろう?タイヤとチューブだけでも2千円くらいしそうだけど。
考えると怖くなってきた。
posted by 鶴田文学 at 23:00| 自転車